表目

4年ぶりにお会いできたゲスト。

今回はご夫婦でお越しくださいました。

結婚3周年ということで、おめでとうございます。

 

飛行機のお時間の関係で時間を早めてスタート。

これが、あたりでした。

 

30分遅れていたら、オヤコツ地獄にはだどりつけなかったでしょう。

天気予報通り9時から北西の風6m/s。

白波がたつほどあっという間に波の屈斜路湖でした。

和琴半島も、紅葉のピークでした。

 

川下り中はヤマセミ多数、タンチョウが上空を1周旋回して飛び去るなど、なかなか貴重なタイミングをものにしました。

 

またお待ちしてます。

 

 

 

【ソモクヤ】http://www.somokuya.com
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0)
相性

何度目の参加になるでしょうか。

もうわかりません。

ツアー1時間前は雨が降っていたのですが、晴れました。

昨年も、ご参加いただく日だけが風が弱く、湖カヌーができました。

屈斜路湖との相性が、いいご夫婦。

 

【そもくや】http://www.somokuya.com  
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0)
野郎一人旅2015秋
グリーンシーズン、スノーシーズン遊びに来てくれるゲスト。
今年は1DAYツアーにご参加いただきました。
いつも野郎二人でフィールドに出るのですが、和琴半島ですれ違った別のツアーのご一行も6人全員野郎という、
カヌーが4艇浮かんでいながら誰一人女性がいないというまさに野郎旅にふさわしいシュチュエーションでした(笑えない)。
まぁ、そんなこんなで楽しい水の上なわけです。

またお待ちしてますよ!

【ソモクヤ】http://www.somokuya.com
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 18:36 | comments(1) | trackbacks(0)
ナイスな1DAY
明け方まで北西の風10Mと荒れ模様の屈斜路湖。
前の日にゲストと連絡を取り、当日のプラン変更などの可能性を打ち合わせしました。

ツアー当日。
あらまぁみるみる風は弱まり、曇り予報も見事な青空で、びつくり。
結局予定通り、ツアーを行うことができました。

ほとんど人に会うことなく、水上バイクもいない静かな空間に身を置くことができ、
ゲストも喜んでおられました。

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0)
6月の釧路川と11月の釧路川
6月に参加してくださったゲストが、5か月の時を経て再びカヌーに乗りに来てくれた。
新緑の釧路湿原と晩秋の釧路川源流。
どちらもどちらで最高に素敵です。

今日は南西の風が強く、和琴半島でのカヌーはできませんでしたが、
楽しいことを見つけ出す名ゲストのおかげで、晩秋の素晴らしい風景にたくさん出会うことができました。
ありがとうございました。

またお会いしましょうね!
みなさんによろしく〜。

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 17:59 | comments(6) | trackbacks(0)
起死快晴!
屈斜路湖&釧路川源流1DAY。
台風8号の影響で、飛行機が飛ばないかもしれない…、と何度か電話でやりとりさせていただいたゲストが、無事に北海道に到着し、そして本日、一時は絶望的な状況を見事に立て直し、さらに青空無風という起死回生(快晴!)のスリリングな展開!でした(笑)


奈良県の吉野川や北山川などを中心に、マイダッキーでダウンリバーを楽しんでおられるとのことで、準備万端。

オヤコツ地獄。とにかく風がない湖面に一同興奮。


水の中も良く見えて、雲が写り込む湖面もステキで、いうことなしでした!


ゆっくりのんびり湖畔でランチタイム。美味しいご飯を食べながら、いろんな話に花が咲く。いい時間です。


たくさんの動物たちにも会えた川下り。最初に歓迎してくれたのはマガモファミリー。この距離感はなかなかありません。


気持ちいいなぁ。なんどゲストの口から出たでしょうか(笑)

ご参加いただきありがとうございました。
冬のスノートレッキングもお待ちしてま〜す。



【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0)
北海道らしい体験
屈斜路湖&釧路川源流1DAYコース。
「車に乗っていては見ることができない、北海道らしい体験がしたくって」
とツアーにご参加いただきました。

使用する道具はカナディアンカヌー。
水の上を独特の低い視点で進みます。
もちろんエンジンはありませんから、パドルをもって漕ぐわけですが、とても静かです。
水を切る音、風の音、鳥の鳴き声など小さな音に敏感になります。

カヌーでしか行けない、感じることができない風景。
そしてカヌーで行くと、その風景の一部になることができる。

とても魅力的な道具だと思っています。

カヌーのおかげでとっても素敵な時間を過ごすことができます。

いっぱい漕ぎましたね。
岸に近づいたり、少し離れてみたり、距離によっても当然感じ方が変わります。

身体で感じる。6月ですが水に足をつけると気持ち良かったです。
ステキな写真!

湖畔でランチタイム。美味しいご飯に話も弾みます。
虹のように大空を駆け抜ける一筋の雲。

ご参加いただき、ありがとうございました。



【そもくや】http://www.somokuya.com
 
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0)
残雪の屈斜路カルデラ
雨のち晴れ。
明け方まで降り続いた雨が上がり、見事な青空に恵まれたツアーでした。

風もなく、日差しを浴びながら、GWとは思えないほどの陽気に包まれ、「まるで絵葉書のようですね」とゲストに言わしめた美しい残雪の山並みが湖面に写り込む風景を見ながら、気持ちの良いカヌーイングでした。
半島を回り込むと、今までの景色が一変し、山肌が露出する荒々しい火山の風景を目の当たりにします。
ここで上陸し、地熱や熱泉を体感。地面から湧く温泉を掘ったりして、足湯タイム。
石のアート。
harueさんこだわりの食材&手作りランチでゆっくりと。
食後はもちろん、ハンドドリップコーヒーで。
お昼の後は、釧路川へ。
キラキラとまぶしい水面を爽快に下ります。
鏡の間にはまだ雪が残っていて、早春の水辺を演出してくれます。
ご参加いただき、ありがとうございました。またお待ちしてま〜す!
【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0)
流氷カヌー
屈斜路湖&源流1DAY。

青空が広がる、暖かくて風がなくてありがた〜い日でした。
ひっそりと静まり返った湖にカヌーを浮かべ、鏡のような水面を滑るように進むカヌー。
和琴半島の北側に差し掛かると、たくさんの大小さまざまな流氷群に出会いました。
例年この時期にはすでに氷はなくなっていて、なかなかこういう状況にはお目にかかれませんので、みんな大興奮でした(特にも僕がでしたけど)。
早秋の頃とは思えない陽気で、湖畔にテーブルを設置し、のんびりランチも楽しめました。
午後は、少し向かい風が出ましたが、思わぬゲストも現れて、美留和橋まで一緒に下りました。
オジロワシが水面すれすれを低空飛行した姿が間近に見られてまたまた大興奮。左足にはどうやらネズミらしきものも持っており、その大きさ、かっこよさに見惚れてしまいました。

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0)
大切な人と
小春日和の気持ち良い一日でした。
週間天気予報では「傘マーク」があったこの日。
ゲストの「晴れ」を信じて疑わない気迫勝ちでした。

毎年ご主人と遊びに来てくださるのですが、今回はお母様を連れて来てくださいました。
好奇心旺盛なオテンバなお母様という前評判通り、終始笑顔で初めてのカヌー体験を満喫していただけたようです。

大切な人と過ごす時間。
娘と母。
気兼ねなく女同士で。

とても素敵だなと思いました。
そんな貴重な時間にご一緒させていただいて、とても光栄でした。
和琴半島。
なんとかモッテくれました。
11月とは思えない、ぽかぽか陽気のカヌーツアー。
今日がデビューのAIGLEの長靴。
屈斜路湖が進水式だなんて、贅沢な長靴ね〜なんて。
オヤコツ地獄にて。
目の前の雄大な景色を3人占めでした。
いい時間が流れました。
なぜか、黒田五郎さん(笑)
なかなかいい筋してますよ!

ちょっと北風ありましたが、オテンバ母さんにはちょうど良いかな?
 
穏やかな川下りでした。
カワセミ、ヤマセミ、ミサゴ、カワガラス、シジュウカラ、アカゲラ、ウソ。
野鳥がたくさん見られました。

あっという間に美留和橋。
楽しい時間は、短いですね。

美味しい空気に素晴らしい景色。
まだまだ違う季節を見てもらいたいです。
お母さん、またお会いできる日まで!



【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com
 
| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 18:16 | comments(4) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom