ゆっくりと、静かに
昨年遊びに来てくれたゲスト。
上流と下流を下りたいというリクエストをいただいた。
青空の広がる源流。
緑の回廊を行く爽快感。
場所を移動し、大空の広がる開放感あふれる下流域。
夕暮れ時の時間は、格別な景色でした。

【ソモクヤ】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0)
西へ東へ
釧路湿原を満喫する一日ツアー。
西から東から。
トレッキングでカヌーで。
低いところから高いところから。
様々なアプローチで湿原に触れる。

好条件が重なり、とても気持ちの良い時間。
ゲストの日ごろの行いの良さ?のおかげで野生動物との触れ合いもばっちりでした。
いつもご参加いただきありがとうございます!
また行きましょう。

さわやかな空間、ステキな音色が流れたすばらしいひと時。
何度も道東に来たことがあるゲストも「ここはいい!」と喜んでくれました。
場所を変え湿原の底辺から。
コガモたちと並漕。あまり逃げない。
そもくやさんかい?とシカ。
〆はでっかい湿原を振り返り。今日一日にありがとう!



【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 23:39 | comments(2) | trackbacks(0)
トレッキング&カヌーな2DAY’s
長い付き合いになるゲスト。
「屈斜路湖にこだわったツアーがしたい」とのご希望をいただき、藻琴山から屈斜路湖を眺め、屈斜路湖に注ぐ湧水を体内に取り込み、湖畔で夜を明かし、カヌーで漕ぎ出し、川を下った。
ダニに喰われ(ガイドのみ)、大雨に飲みこまれそうになったりしながらも、無事に2日間を過ごせた。
たくさん一緒にいろんなことをし過ぎているため、思い出話をしてもそれはいつの話だっけ?と記憶がつながらなくなってきているのは、きっと年のせいでもあるのかもしれない。
それは年月を経て、苦しいことも悲しいこともいつか薄れていくという人間の良さでもあるのだということを僕は感じていた。

山の上は桜が満開!「ポイントを押さえている」男らしい…。
屈斜路湖にはいろいろな思いがよぎる。いい意味でも悪い意味でも…。彼は腹減ったなぁと考えているのだろうが。
絵になる木とならない○…。
雪解けの小川を
鏡のようなAM5:30の屈斜路湖。
緑が写ってきれいでした。
朝ご飯。貸切プライベートビーチで優雅に。
この日最後の晴れ間。厚い雲が割れラピュタを思い出す二人。
この直後、雷と土砂降りに見舞われるも神のご加護を受けそのときは車内でした。


また、次の旅を!



【そもくや】http://www.somokuya.com
 
| オーダープラン(カヌー) | 21:20 | comments(2) | trackbacks(0)
カヌーで同窓会
何度も来てくださるリピーターの方から、電話をいただきました。

「中学時代の仲間とカヌーに乗りたい。みんなに美しい川をカヌーで体験させてあげたい…」

ついにこの日が来ました。
今は全国各地にお住いの、鹿児島出身のの同級生たちが、女満別空港に集結。
中型バスをチャーターし、遠路はるばる釧路川へ。
あいにくの雨模様でしたが、しっとり落ち着きのある源流を9艇のカヌーに分かれ、
お楽しみいただくことができました。

こうやってみなさまの思い出の時間をご案内させていただけること、大変光栄に思います。

総勢18名。みなさんいい笑顔です。
9艇のカヌーが浮かぶ。壮観です!

帰りの車の中で
「みんな喜んでましたよ〜。今回はこれが旅のメインだったのでできて良かった!!」
とおっしゃっていただき、スタッフ一同嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
ありがとうございました。


【そもくや】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0)
寄り添う
毎年来てくださるゲストと、カヌーの旅に出た。
源流、中下流、湿原。
3日間、釧路川の水に寄り添い、自然に寄り添い、家族が寄り添ういい時間だった。

「お守り」のおかげで3日間天気に恵まれた。
の9月は暑い。この後この子は泳ぎました(笑)
 
でっかい空にでっかい雲。こんな景色に寄り添った3日間でした。

気持ちの良い川原でランチタイム。話が尽きないいい時間です。
今日のお昼はきつねうどんと海苔巻き。

3日目。いっぱい漕ぐぞ〜。

ドス黒い雲に追われながらも青空を目指して無事ゴール!「お守り」のおかげでしょう(笑)



【そもくや】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0)
神憑り
ロケのお手伝い。
釧路湿原をカヌーで下って、キャンプして、2日間。
直前まで大雨で、撮影できないなんてことになりそうだったのだけど、
撮り始めたら終わるまでほとんど降られず、終わった直後にポツリポツリと落ちてきた。
なんと神憑り的なタイミング。
無事に終わってよかったです。

僕は日本語専門です。
隣のカヌーはこんな感じ。
インターナショナルな夜が明けました。
日本語ペラペラなリポーター。英語しゃべりたい。



【そもくや】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0)
雨ニモマケズ風ニモマケズ
源流と湿原を下る2日間のオーダープラン・カヌー旅に出た。
長い付き合いになるゲスト。
年を重ねるごとに、肉体は改造され、その力強いパドリングに頭が下がる。

好きなことをしたい、続けたい。

その目的を果たすために、努力は惜しまない。
今なお進化し続ける先輩の姿に、驚き、いつも勉強させられる。

さて、1日目の天気は、大雨。
釧路川は茶色く濁り、ジャングルさながらの雰囲気に一変した。
雨具代わりに着たドライスーツがあずましく、止めどなく落ちてくる天の恵みを受け入れながら、幾多にわたる源流のカーブに吸い込まれていった。

そして2日目。
大雨を降らせた低気圧は、そそくさと北へ駆け抜けてくれたおかげで、青空がのぞく釧路湿原。
ただ一つ、置き土産の風に翻弄された。
向かい風を必死に漕ぐ、漕ぐ漕ぐ…。
普通なら、パドリングをやめ「すごい風だね」と手を休めたくなるが、
一度たりとも弱音を吐かず、ただひたすらに目の前の水面を吹き抜ける風に対峙する。

雨ニモマケズ風ニモマケズ…

僕たちはカヌーという道具のおかげで、釧路川の自然と雨と風を存分に味わう旅を終えることができた。

【そもくや】http://www.somokuya.com 
 
| オーダープラン(カヌー) | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0)
厳冬の川下り
寒い寒い冬の朝。
吐く息がどこまでも白い。
蒸気霧。
霧氷。
薄氷。
ダイヤモンドダスト。
これでもかっていうくらい、きれいなきれいな川下りでした。
でも、寒かったー(笑)

【そもくや】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0)
湿原の川
たまには別の川もいいです。

 
 
 
道東は、いいところです。



【そもくや】http://www.somokuya.com
 
| オーダープラン(カヌー) | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)
秋の川を楽しむ、カヌーの旅

2泊3日、オーダープランで釧路川のカヌー旅に出た。

秋。
日々深まる秋をカヌーに乗って感じる。
風の音、草木の色づき、流れる雲、豊かにたたえる水、遡上するサケ…。
いっぱい食べて、いっぱい漕いで、いっぱい話して、時には寡黙に自然の一部になってみたり。
楽しい旅をありがとう。
また次の機会を楽しみに待ってるよ。


キャンプ地についたらまずはテント設営。
一日の最後に見る景色、一日の始まりに見る景色がこんな景色って、ステキ。


ウェルカムカヌー。
久しぶりのパドリングのゲストとゆっくり水の上の感触、パドルで水を交わす感覚を確かめる。


秋の雲。
浮かんでは流れる。
日暮れも早く、郷愁を誘う。


夕日を見ながらやる一杯は格別この上ない。
美味しい食事と楽しい時間はあっという間になくなるね。


さて、釧路川1日目、源流部スタート。
どんな旅になるのかな?


台風の影響で倒れた木。
ここは岸に上がってポーテージ。


Harueさんが作ってくれた「ハスカップ&ルバーブジャム入りパウンドケーキ」でパワー注入。SOMOKUYAブレンドとの相性は抜群。


釧路川2日目、釧路湿原部。
濃い霧に覆われた大地。
どこまでも静かで、誰もいない。
水の音、パドルの音だけがここにある音。
夢なんじゃないだろうかと錯覚してしまうほど、穏やかで気持ち良い時間だった。


あたりの草木も色づく秋の川。
満々と水を湛える。
自然の懐で自然に溶け込む時間を過ごすことができた。







おまけ。
レアな構図の写真。



【そもくや】http://www.somokuya.com

| オーダープラン(カヌー) | 23:19 | comments(4) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom