楽しそう
九州からお越しの女性グループ。
低気圧が通過中で、JRも通常運行程度の荒れ具合でしたが、予定のプランを変更し、森の中のスーツアーへ。
まぁ、とにかく元気なみなさまで、そして仲良し。
数歩歩いては笑いが起きると言っても過言ではないくらい、笑いの絶えないツアーでした。

写真は基本面白いポーズ。
木のベンチは個室と相部屋(笑)

次は摩周湖、見たいですね!
ネイチャースキーもやりましょう。
またお待ちしてますよ〜。
【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路トレック(スノー) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0)
贅沢な

ささいなことに幸せを感じられるタイプなのかもしれない。
大都会から来て、ここの自然を贅沢だなと思うのと同じように、いつも見ている風景の中に身を置いてもなお、素晴らしい風景に魅了される。
贅沢な時間、贅沢な空間。
広々としたこの空と、太陽と雪と圧倒的なこの景色。
これ以上の時間が、あるだろうか…。
と、3枚目の写真の左下に小さくいるキタキツネが、そう言っているように思えた。

| 屈斜路トレック(スノー) | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0)
母娘旅
いいですね。
大きくなった娘と母の女二人旅。
「お母さんに冬の北海道を見てもらいたい」と、娘さんが誘ってくれたらしいです。
それぞれに、いろいろな旅に出る理由があって、その時間を少しでもご一緒させていただく僕の仕事は、とても大事な仕事だなぁと思ったりもするのです。
また、お待ちしてますね。
次は留守番の妹さんも一緒に♪

転んだわけでも謝っているわけでもありません。氷の上に寝転がっているだけです。



【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路トレック(スノー) | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0)
春霞
南風が吹く暖かい一日でした。
雪はザクザク歩きやすく、気温も高いので、ゆっくり歩いて春のお山を楽しみました。
3月下旬になると、フワフワ、さらさら雪と言うわけにはいかなくなりますが、この時期ならではの空気に包まれて、とても良い雪の上の時間を過ごすことができます。
暖かく雪が融け空気中には水分がいっぱい。
景色が霞んで見えるのが、この季節らしいです。
新しい、ウサギの足跡を見つけました。
ちょっと前に歩いたような感じに見えますね〜なんて後を追ってみると、30m先に白い塊が飛出し、走り去りました。
エゾユキウサギ!
ゲストもしっかり見ることができて、ラッキーでした。
アニマルトラッキングをして実際に動物が見られて、とてもうれしかった。
その時その時の出会いや楽しみがある。
フィールドに出るということはやっぱり楽しいです!

| 屈斜路トレック(スノー) | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0)
冬の嵐の前の静けさ
20代前半の若者。
去年からネイチャースキーを気に入ってくれて、リピートしてくれている。
若いうちにいろいろな経験をしておくことが、彼の人生を豊かにすることは間違いない。
この日はあいにくの天気で、みぞれ交じり重たく湿った雪の中を歩いた。
朝から大雪警報が出ていたが、暴風雪警報になるのは午後からと言うことで、1日ツアーの予定を半日に切り替えて、ツアーを実施した。
比較的無口な若者という印象だが、この日の彼は自分の未来について少しだけ熱く語ってくれた。
そろそろ動き出す時が来たらしい。
その目標に向かって頑張ってほしい。
でも、たまに遊びに来てね。息抜きも必要だよ。と彼の今後を楽しみにしている中年のおじさんは声をかけた。
最後に「あっという間で短かった」と彼は言った。
青春という楽しい時間はあっという間だよ。しっかり楽しむんだよ。と心の中でつぶやき、別れた。
今日の風景が彼の心の一部分になったらうれしいな。





【Somokuya】http://www.somokuya.com

 
| 屈斜路トレック(スノー) | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
I can't stop!
ネイチャースキーで屈斜路カルデラ1DAYトレック。
樹氷の森は、薄曇りの空との相性ばっちりです。
風で雪が付きにくい場所も、好い雪がふんわり乗って、ネイチャースキーのコンディションとしては言うことなし。
下りがあまりにも気持ち良すぎて止まれない。脳が勝手にもっと行け!と指令を出してくる。
あ〜、滑りすぎた〜。
登りが大変なんだけど、登ったらまた滑れ!と脳が指令を出して来て、もうやめられない止まらない…。
年度登り返したかはわかりません(笑)

滑れて登れて体力あっての若者二人でしたから、時間をフルに使っていい汗かきながらenjoyしました。




【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路トレック(スノー) | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0)
雪とスキーと私
4日ぶりのツアーです。
最大瞬間風速34.9m/sを記録した弟子屈町。
全国のニュースでも取り上げられ、ちょっと町の名前が売れました(笑)
でもなんて読むのかわからない人、多かっただろうな…。
その間予約をいただいていた方には大変申し訳ないというか、自然現象なのでどうすることもできないのですが、
残念でした。
また次回遊びに来てください!

さて、山はと言うと…、程よく締まったベースにふわっと軽い雪が積もっていて、とても快適でした。
ネイチャースキーにとってこれ以上最良な雪はないのではないか!と思えるくらいのベストなコンディション。
登りやすく滑りやすい。とにかく最高以上の言葉が見つかりません。

最初はおっかなびっくりだったゲストも…、徐々に…、コツを掴み…、最後は「楽し〜」「気持ちい〜」と
ひたすら登って滑ってこの最高の時を楽しんでおられました。

車に到着して一言「足にキテマス…」(笑)
あれだけ歩いて滑ったら、しょうがないですね〜!

また行きましょう。

屈斜路湖。嵐の前にはうっすらですが全面結氷していたのですが、強風にヤラレ裂けて割れたようです。

あー、ここは日本なのか…。北欧チックな森。
あー、帰りたくない…。どこまでもいつまでも体力の続く限り滑っていたい。

転んだって痛くな〜い。こうやってうまくなっていくのです!


【ソモクヤ】http://www.somokuya.com
| 屈斜路トレック(スノー) | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0)
ギリギリセーフ!
さぁてこの後恒例の?暴風雪がやってくる(涙)
はい…。5週連続の暴風雪です。
どこかでもう心の準備が出来でいる今日この頃、週末にやってくるこの低気圧は、裏切りません(悲)
それでも日中は警報は出ず、天気図を見てなんとか催行できるだろうと判断し、ツアーを行いました。
道路事情、JR事情、フィールド事情、ゲスト事情、ガイド事情など様々な角度から判断し、無事ゲストに喜んでいただけたときは、やはりうれしいです。...
屈斜路カルデラ、摩周カルデラの雄大な景色は観られませんが、雪や風、木や森と対話しながら過ごす時間もまたいいなと思うのです。


天然ブランコ。ハイジの気分!?
大きな枝ぶりの良いトドマツの下に入れば自然のタープ。



【Somokuya】http://www.somokuya.com
| 屈斜路トレック(スノー) | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0)
雪は楽しい!
1週間近く北風が強いです。
雪も降ってフィールドは真っ新に!
動物たちの足跡を見つけて、想像して、楽しんでいると、実際にエゾリスが姿を見せてくれました。

雪の中でベンチを作ってホッと一息ティータイム。


ついでにソリ滑りも楽しみました。

広い雪原では雪にダイブ〜!

「スノーエンジェルと謎の宇宙人」というタイトルの雪絵が描かれました(笑)

雪の上は楽しいこといっぱい!!
 
【そもくや】http://www.somokuya.com
| 屈斜路トレック(スノー) | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0)
フロストフラワー
今朝も冷えました。
-21℃。
連日こんな感じです。
屈斜路湖は一部結氷をはじめました。
氷の上にはフロストフラワーと呼ばれる霜の花が咲き乱れ、それは見事にきれいで美しく感動的な風景でした。
ちょっとしたタイミングだったり、気象条件が重なった時にしか、こういう光景には出会えませんので、今日のゲストはとてもラッキーだったと思います。


 
【そもくや】http://www.somokuya.com
 
| 屈斜路トレック(スノー) | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom