<< 鏡の間の水の中 | main | 早春と晩秋 >>
野郎二人旅 2018秋の陣

毎年来てくださる「野郎一人旅」。

いつも僕がご案内させていただくので、ツアー中は「野郎二人旅」ということになる。

 

9月7日にご予約いただいていたのだが、震災の影響で来道することができず…。

今回リベンジとばかりに遊びに来てくださった。

 

快晴。

 

野郎二人旅には雨や風、多少の困難がある方が似合うような気もするのだが…、

極上の釧路湿原を1日かけて下った。

 

ひたすら蛇行し、どこまでも青く広く清らかな空の下を行く。

漕ぐ手を止めると何も聞こえない静寂の水の上。

ただただ心地よい時間を漕ぐ。

 

太陽が西の空に傾き始めるころ、ゴールの岩保木水門が現れた。

湿原が金色に染まるのはもう少し後。

僕らが帰ったころに、ナウシカが歩くのだろうか…。

 

「またそのうち…」、レンタカーは颯爽と走り去った。

 

 

 

 

 

 

野郎の背中、5連発(笑)
震災の影響を心配して急遽遊びに来てくれたのであろう。
お心遣いに感謝いたします。
【そもくや】
| 湿原コース(カヌー) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.somokuya.com/trackback/1442108
トラックバック
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom