<< 彩り-源流コース | main | お知らせ >>
道東ロングトレイルを行く
『全長200キロ以上、網走と釧路、オホーツク海と太平洋を結ぶ、日本初のロングトレイル、長距離自然歩道が「AKWay」です。
 「AKWay」の特徴は、歩くことのできる距離が長いというだけではなく、歩き進めるごとに変化していく豊かな自然にあります。』(北海道ウォーキングネットワークHPより抜粋)

AKWay、第4・5ステージを2日間かけて歩くツアーのサポートガイドを務める。
11月中旬。もしかしたら・・・積雪覚悟のこの時期の開催で、様々な状況、可能性を想定しながらの下見をし、話し合いを繰り返しながら準備を進めてきた。
ツアー当日の天気は晴れ。
「持ってるねぇ」。
ガイド含めツアー参加者全員が思ったに違いない最高の天気の下、無事に全行程を終了することができた。

ロングトレイルを歩くということ


<藻琴山6合目を出発。ダケカンバの森を行く。>


<山頂付近。目の前に広がるは・・・>


<屈斜路湖。大雪山、釧路の海まで見渡せた。>


<藻琴山をバックに。ココからは旧道トレイル。>


<アメマス川渡渉。11月ですよ・・・。とても印象深いシーン。>


<2日目スタート。まずは硫黄山を目指す。>


<摩周湖山麓。存在感のあるミズナラの主。>


<現在地確認中。こんなに歩いたのか。>


<すぐそこは摩周湖。その前に軌跡を辿る一行。夕日と阿寒の山並みに涙する人も・・・?>


<摩周湖着。いつもより穏かで、いつもより青かった。>


2日間で約40km歩行の中には、様々なドラマがあった。
雄大な風景との出会い。
野生動物との出会い。
巨木との出会い。
仲間との出会い。
そして、素晴らしい「道」との出会い。

道東を中心にトレイルがつながり、人がつながり、世界がつながる。
そんな可能性を持つトレイルウォークだった。


http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 23:35 | comments(5) | trackbacks(0)
コメント
阿寒観光協会のビタミン事務局長と申します。
このたびは、われわれのツアーガイド5名がたいへんお世話になりました。あらがとうございました。帰社後の反応からみても、たいへん勉強になったことと思います。
阿寒湖畔は現状団体ツアー客が年々数万人単位で縮小するなかで、イベントの動員やキャンペーンの効果も頭打ちで、閉そく感があります。
即効性はないかもしれませんが、ツアーガイドとして彼らが阿寒湖観光、北海道観光の柱となってくれるように努めてまいります。機会ありましたらご指導のほどよろしくお願いたします。ありがとうございました。
| ビタミン事務局長 | 2010/11/20 12:32 PM |
ビタミン事務局長 さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

意欲的な5名のみなさんから色々な刺激を頂き、感謝しております。

集客についてはどの地域も苦戦しているようですが、各地域での取り組みもさることながら、広域での連携も必要なのではないかと思います。

そういう意味で、今回は良い交流が図れて意義深いものとなりました。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

屈斜路湖周辺にお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。
| そもくや:つっちー | 2010/11/20 9:55 PM |
土田さん、奥さん、先日のロングトレイルの際は大変お世話になり、本当にありがとうございました。阿寒観光協会ツアーガイド研修生(とっつきにくさが売り)の西田憲一郎です。さて、夜の会食で早々と酔いつぶれてまともにお話ができなかったのですが、スキーシューについて、です。見せていただいたブルーモリスモデルのスキー(滑走面シール接着無し)とシールを購入したいのですが、お願いしてよろしいでしょうか?価格、支払い方法等を知らせていただければ大変ありがたいです。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。
| 西田憲一郎 | 2010/11/21 2:22 PM |
こんばんは、先日はいろいろとお世話になりました。
ツアーガイドのブログに今回の事を書かせていただきました。
良かったらぜひぜひのぞいてみてください!

ぐうたび
http://blog.gutabi.jp/area054/

| なかひら | 2010/11/26 10:10 PM |
とっつきにくさが売りの西田さん

例のブツ、もうすぐわが家にやってくると思いますので、また連絡しますね。


なかひらさん

ブログ見ましたよ。
この地に暮らして10年以上になりますが、とても新鮮でした。まだまだ知らないことだらけで、とても印象深い2日間でした。今度は阿寒を歩きたいねと話しています。また一緒に歩きましょう。
| そもくや:つっちー | 2010/12/03 12:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom