ガイドの役割

色々なガイドスタイルがあると思う。

 

僕は、ゲストと自然を繋ぐガイド。

カヌーを使って。

川だったり湖だったり。

ゲストのみなさんが何を求めて来てくれているのか。

お会いして、声のトーンや顔の表情を見て。

カヌーに乗りながら、ゲストの背中を見て、楽しんでくれているかどうか。

僕が主役ではない。

主役はゲストでありこの自然だ。

必要な時に話し、伝えるべきことを伝える。

必要な装備を携行し、天気の変化に気を配る。

 

温かい飲み物とおやつを準備し、カヌーの上でいいひと時を過ごしていただく。

外で食べるご飯は格別に美味しい。

カップラーメンだって美味しく感じるが、なんたってSOMOKUYAのツアーはハルエの手作り。

美味しいに決まっている(エッヘン笑)

 

一人で、夫婦で、仲間とリラックスして楽しい時間を過ごしていただく。

やりすぎない、やらなすぎない、ちょうどよいガイド。

自然の中で、みんなの場所で、動物たちの住む世界にお邪魔させていただく。

 

まだまだ満足のいくガイドではないけれど、少しでもいいガイドができるように、自己満足にならないように…。

自信を持つことはいいことだけれど、過信しないように。

 

今日のゲストは楽しんでくれただろうか?

みなさんの帰り際の表情を見て、ホッと胸をなでおろす。

さて、帰ろう。

またお会いできることを願って。

 

 

 

 

 

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0)
パドルの音

快晴無風。

鏡面のグッドコンディション。

秋と言えば北風がセットのようなものですが、今年の秋は穏やかです。

無風状態でなければ見ることができない「♡」。

偶然水辺にいてくれた「エゾタヌキ」。

どこまでも澄んで広がる道東のブルースカイ。

誰もいない、車の音もしない…。

聞こえるのはわずかの風に擦れる秋の葦、そして遠く雄たけびを上げる男鹿のラッティングコール。

パドルの音。

 

釧路湿原を16匆爾詢后

リピーターゲストとの1日カヌー旅は、岩保木水門が終点となる。

 

 

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)
グッドタイミング

降りそうで降らない。

空は明るい。

風はない。

なんだかんだ言って、グッドコンディション。

 

出そうで出でない。

もうそろそろ出ておいで。

エゾシカが草を食む。

なんだかんだ言って、結構見れました。

 

雨もランチの時に降ってくれて、タープの下でセーフ。

 

だーれもいないしずかーな湿原を堪能しました。

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0)
しっとり

久しぶりに、釧路湿原一日コースです。

ずっとお子さん相手に8月を過ごしてきたので、同世代の男性とじっくり一日過ごすのは、とても新鮮な感じでした(笑)

天気もしっとり、雰囲気もしっとり、しっとりとした湿原。

風もなく、おだやか〜に、カヌーも会話も進みます。

いい時間でした。

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)
水、豊かな釧路湿原はステキ!

いつもより濃い青空。

程よく流れる風。

豊富な水。

 

果てしなく広大な風景をカヌーに乗って漂う。

遠くに見える山。

水中の水草。

どこからともなく聞こえる野鳥のさえずり。

 

ずっとここに漂っていたい。

そんな気持ちの良い一日だった。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0)
いい季節

晩秋。

ピンと張りつめた空気。

寒さの中にある美しい風景。

冬を迎える前に躍動する野生動物たちの命。

大地に響き渡る雄鹿の野太い声…。

 

釧路湿原の晩秋は、とっても魅力的である。

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| 湿原1DAYコース | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
実現

源流と湿原を二日に分けてお楽しみいただきました。

「二十年来のカヌーで釧路川を下りたいという想い」が実現した瞬間でした。

霧の源流、快晴の湿原。

どちらも素晴らしかったですね!

またお待ちしてます。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0)
ご褒美
元気いっぱいのゲストと、広い空とまーるく浮かんだ雲のように、
みんな仲良くまーるく楽しくカヌーイング。
疲れた時、悩んだ時、ふっとやさしく心に語りかけてくれるような大自然に身を委ねてみると、少しずつ固まったこころが和らいでいく。
晴れの日も、風の日も、雨の日も、雪の日も…、
川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。
淡々と、淡々と…。

がんばっている自分へご褒美を。
いつでも帰ってきてくださいな!



【そもくや】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0)
ミステリアス
屈斜路湖畔にある家を出るとき、日が出ていて、半袖でもいいかな、と思ったものの。
向かう場所は日本一寒い場所。
いやいやいや。
長袖カッパは必須ですよ。
車を走らせ南下する。
あれよあれよという間に、真っ白なミステリアスな世界へお邪魔しま〜す!
今日のゲストは男性二人。
昨年秋にツアーのお申し込みをいただいたのですが、すでに予約が入っていて、お引き受けすることができなかった方でした。申し訳ありませんでした。
でもこうしてまた遊びに来てくださって、本当にうれしかったです。
男三人、一つのカヌーに乗って、いろんな話に花を咲かせます。
アウトドア―な男子会。
河畔でランチタイム。
降ったり止んだり、不安定な天気でしたが、ランチタイムの時はセーフでした。
目の前の流れを楽しみながら、HARUEさんのSOMOKUYAオリジナルランチです。
食後はSOMOKUYAブレンドで。
風も弱く、ミステリアスでありながらモイスチャーでウエッティーな釧路湿原を行く男3人でした。
オジロワシのつがいが2組見られて、ラッキーでした。

また、お待ちしてますね!



【そもくや】http://www.somokuya.com
| 湿原1DAYコース | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0)
湿原、哀愁のころ
いい景色に出会うと、ゲストの表情が柔らかい。
本人は気づいていないのだけれど、たまに見せる横顔はいつも半笑なのである。
きっと僕も同じ。
同じカヌーに乗って同じ景色を見ながら同じ空気を吸って同じ時間を過ごす。
小さな音、野生動物の気配、風の向き、水の流れ…。
カヌーに乗って、繊細な自然の中を漂う。
多くの気づきと今ここにいられる幸せを感じる。

ありがとう釧路湿原。
ありがとうカヌー。

落ち葉が埋め尽くす塘路湖畔を歩く。
いいコンディションに恵まれた朝。
 
明るい湖面にカヌーを滑らす。
誰もいない。静かな水辺。

細岡カヌーポート。増水により駐車場は冠水。
僅かに陸化していた場所でランチタイム。
9月16日の台風18号以来、まとまった雨が続いた今年の秋。
高水位の釧路湿原。
岩保木水門:2.93/11:00
いいことは、景色がいい。見晴らしが良い。これは最高の条件。
大変なことは、風の影響を受けやすくなること。
一長一短。
高台から見ると、僕たちのカヌーはこんなところを進んでいる。
上からしか見ることができない景色。
カヌーは絵になる。
低いところから見ると、こんな景色に出会う。
カヌーに乗らないと入ることができない場所。見ることができない景色。
カヌーのおかげ。
今シーズン初のオオワシも確認できた。
エゾシカ、オジロワシなど野生との出会いも多い、ステキな川下りとなった。

ありがとうございます。

 
【そもくや】http://www.somokuya.com


 
| 湿原1DAYコース | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom