外国

珍しく、ヨーロッパからお越しの方をご案内しました。

天気に恵まれ、喜んでおられました。

ふと彼らを見ると、いつもの藻琴山のはずなのに、ここはどこ?

モンブランだよと言われると信じてしまいそうな、そんな不思議な感じでした。

日本離れした道東の雄大な景色。

歩いてみませんか?

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| 藻琴山トレック(スノー) | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0)
私、晴れ女なんで!

元気な女性が遊びに来てくださいました。

強い北風の中、グイグイ歩きます。

「私、晴れ女なんで!」

いやほんとその通り雲がどんどん割れていくわけですよ。

パカッと。

見事に屈斜路湖が見れて、すごい人がいるもんだと感心してしまいました(笑)

 

この時点ではまだ見えません。でもちょっとずつ空が青くなってきています。

 

あ、だんだん雲が薄くなってきた。
 

見事に湖面が現れました〜!
 

エネルギッシュに遊びました!

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| 藻琴山トレック(スノー) | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0)
みんなで滑れば、さらに楽しい!

毎年カヌーに来てくれるゲストが、今年は冬にやってきてくれました!

年々メンバーが増え(笑)、今回は6名様ご一行。

いやいや愉快なメンバーで笑いが絶えません。

風が強い一日でしたが、風?吹いてる?みたいな感じで頼もしかったです。

ほとんどがどさん子ということもあり、下りのソリも豪快に楽しんでおられました。

おかげでソリも、一つ、大破です(笑)

 

結構な風です。
 

テントを張って、一時避難。
 

みんなの熱気で、快適快適。お尻に根っこが生え始めそうだったので、ソリへ。
 

 

 

 

 

 

 

ソリ最高〜。
【そもくや】http://www.somokuya.com
| 藻琴山トレック(スノー) | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0)
成長株

今年もやってきてくれました常連ファミリー。

毎年2回、カヌーとスノーシュー。

赤の他人ですが、年4日ほど一緒に濃い時間を過ごしますので、その成長を目の当たりにできて僕としてもうれし、たのしひと時なのです。

今年は、暴風の藻琴山へ行きました。

寒い、帰りたい、一切言いません。

身体の重たい両親を尻目に、どんどん歩きます。

余裕余裕。

少し前までは、おやじに「早く来い!」と言われていたのに、

今では息子が「お父さん重いから」と鼻で笑われる始末(笑)

おやじ、頑張れ〜。

 

下りはソリでかっ飛ばし、午後はBCクロカンでコテンパンになるまで遊びました!

次は今年の秋、半年後には、また更に成長している彼に会えると思うと、楽しみです。

 

親が来るまで別の遊びで待ちます。

 

スモア、焼き方に性格出ます(笑)
 

重たい分スピードが出ます。ブレーキかけるとご覧の通り、真っ白です(笑)
 

お母さんも飛ばします。自分一人分、ソリでジャンプしました!という証拠写真(笑)
 

ソリでどぜうな3人(笑)
 

登りで苦戦する息子。
 


下りで苦戦する母親。

終わるころに慣れます…。

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| 藻琴山トレック(スノー) | 18:50 | comments(5) | trackbacks(0)
ソリ最高〜

遠路はるばる鹿児島県からやってこられたご家族を案内させていただきました。

南国なのに、雪遊びの装備ばっちりで、楽しむぞ!という意気込みを感じました(笑)

今日は、藻琴山へ。

朝から風がなく、ピーカン。

こんな日は、景色のいいところに行くしかない。

雄大な景色と雪を染めるオレンジ色の光に心奪われ、下りは全力で雪と戯れる。

雪を楽しみたいみなさんの意気込みを感じた楽しいツアーでした〜。

 

2016ラスト2の夕日

 

お母さんが一番ハッスルしてました!

 

お父さん、ぶっ飛んでました!

 

娘さん、一番上手でした!

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| 藻琴山トレック(スノー) | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0)
ラストツアー
シーズン最後のツアーでした。
天気良くて、知床半島の先端までくっきり見えて、流氷もまだお気に残っていて、とても良く見えました。

ご参加いただきましたたくさんのみなさま、ありがとうございました。
昨年と違って、今年の冬はいい天気で、恵まれました。

大好きな冬が今年も終わってしまし、寂しい気持ちもありますが、また大好きなカヌーシーズンがやってきますので、また遊びに来てくださいね。
4月も残雪トレックなど行けますので、ご希望の方はお問い合わせください。

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 藻琴山トレック(スノー) | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)
藻琴山DEEP
午前午後と、藻琴山をリピーターさん達と楽しんだ、「DEEP」な一日でした。

まずはAM。
長〜いお付き合いをさせていただいている常連さんたち。みな男…。
それぞれの近況報告会と、時々自然。
天気はいい方がいいけれど、このメンバーであればどんな天気でも関係ないような気さえする。
とはいえ、絶景を堪能し、雪と戯れ、楽しんだ濃い面々であった。

お子さん自作の「雪チェア」。スノーチェアでないのがかわいい。
さすが、雪国育ちはバランス感覚が違います。
北海道が好きすぎて、数年前に移住した人。
この春から移住するらしい人。
移住こそしないものの、気が付いたら北海道に居る人。


滑り方も、北海道LOVE度も人それぞれ(笑)
さてさて、PM。
昨年9月にカヌーに乗りに来てくれたお二人と、お仲間一人。
一転女子3名。
「前回の反省を踏まえ、今日はあまりしゃべらないようにしようと思います」と車内で宣言するも、2分後には賑やか(笑)

個展を開くくらいの素晴らしい腕前の彼女たち。
夕暮れ時の雪の斜面を慈しむようにシャッターを押していました。

もちろん下りはソリ!
きゃ〜、楽し〜とちょっとテクニカルな状況の斜面をぶっとばしておりました。

彼女たちのカメラには、どのように納まっているのか見てみたいです。
小学生以来の藻琴山。自分の生まれ育ったところがなんて素晴らしいところなんだろうと、涙を流したとか流さなかったとか…(笑)
滑ってる間は終始笑顔。本人は気づいていないと思うけど。
難しいハードバーンに少し苦戦しながらも、しっかり滑ってくれました!
 
また行きましょうね!

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 藻琴山トレック(スノー) | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0)
三度目の正直
道東大好きご家族が、今年も遊びに来てくれた。
行きたいコースは明確。
藻琴山バックカンソリー!
しかし、昨年一昨年と暴風雪の影響で、実現できませんでした。
さて、3度目の正直となるか、2度あることは3度あるとなるか…。

見事な天気に恵まれて、素晴らしいツアー日和となりました。
今までの鬱憤を晴らすかのそり滑りも、見事でした!

これからも家族仲良くステキな旅、続けてくださいね〜。

あり余る体力を無駄に使う二人(笑)。雪と水があれば幸せだというお兄ちゃん。うちの息子とおんなじだ!
このころには、無駄な体力を使ったツケが回ってきた二人…。だから言わんこっちゃない(笑)
青空をバックに、素敵です。
ブログをよく見てくださっているお父さんご希望のオホーツクベンチにて。
念願のバックカンソリー!好い雪、最高でした。
良いスピードで突っ込む兄貴。



【そもくや】http://www.somokuya.com
| 藻琴山トレック(スノー) | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0)
冬を楽しむ!
道東に暮らす女性。
夏はカヌーで川を下るアクティブな方。
せっかくだから冬も楽しいコトしたくて!と、スノーシューを購入されました。
今日は藻琴山へ。
体力もあって、スイスイ頂上まで行きました。
あっという間に雪雲に覆われて、綺麗に見えていた屈斜路湖も戻りは真っ白。
山の天気は変わりやすいですね。

下りのバックカンソリーも気に入ってくれたようで、良かったです。


全面結氷の屈斜路湖に雲の影。
一気に真っ白け〜。
飛ばす飛ばす〜。
| 藻琴山トレック(スノー) | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0)
四季来訪
今年度5回目のリピーターさん。
スゴイ人がいるもんです(笑)
春夏秋冬と、ここの空気をご案内できました。
それぞれの季節の中で、その時々の自然状況を
ゆっくりとしっかりと感じていただけたような気がします。

まだ肌寒いけど新緑の頃と冬がやっぱりいいね。
とはゲスト談。

またどこか行きましょうね!



【ソモクヤ】http://www.somokuya.com
| 藻琴山トレック(スノー) | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom