今年も、水の旅へ

今年は6月の釧路川へ。

毎年恒例のご家族が遊びに来てくれた。

 

父はカヌーの技術向上に余念がなく、年に3日間しかカヌーに乗らないのに、やたら上達のスピードが速い。

好きこそものの上手なれ。

母はよく食べる。なんだかんだ言って、一番食べる。持続力がすごい。

縁の下の力持ち。

息子はずいぶん大きくなった。いろいろ自分でできるようになったし、冷静に自分の親を見て、受け入れているところが大人になったと思う。

反面教師。

 

とにかくこの3人とは長い時間を過ごさせていただいている。

カヌーの技術も、キャンプの動きも、テントの張り方も?、あまり言わなくてもわかっている。

火起こしは父のライフワークだし、朝ごはんのセッティングは母の時間だ。

 

僕は天候を判断し、3日間の行程を決める。

ここ2年、雨にやられている。

今回の3日目の午後からの降り方はすごそうだ。

予定を変更し他の川へ移動。

午前中勝負で楽しんできた。

 

そして戻ってタープを張って、食べて喋って解散。

また来年。

その前に冬が待っている。

 

源流スタート。どこかにガチャピンがいます。

 

ライジャケも黄緑。ガチャピン感半端ない。

 

ランチはカヌーで行けるイタリアン。
 

塘路湖キャンプ
 

朝はSOMOKUYAブレンドで
 

いい写真♪
 

晴れました!
 

静かな流れを見ながらランチタイム
 

サルルンカムイ
 

最終日は、予定を変更して
 

結構降りましたが、この後オヤジと息子の水の掛け合いが始まり、雨は結局降ろうが降らまいが関係ないということに。

 

最後は3種のマフィンで〆

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| オーダープラン(カヌー) | 17:51 | comments(2) | trackbacks(0)
新婚旅行

キラキラ眩しい朝。

気持ち良い陽気に包まれて、ゲストと落ち合いました。

お二人は新婚旅行。

そんな大事な時間にSOMOKUYAのツアーを選んだ頂けたこと、大変光栄に思います。

 

まずは、和琴半島をトレッキング。

豊かな森の木々。そして新鮮な緑の匂い。

小さな発見を楽しみながら、会話も弾みます。

「やっぱり本州とは違うなぁ。いいところだなぁ」と言っていただき、嬉しい気持ちになりました。

 

お昼は灰色の雲を軽快しながら東屋でホットサンドランチ。

手作りスイーツとSOMOKUYAブレンドがお腹に収まったころに写真を撮り忘れたことに密かに気づいてしまった僕なのであります…。

 

午後は、いよいよ川下り!

雨!!

自他ともに認める?雨男の本領発揮で、一同テンションは最高潮に!

土砂降りの釧路川を数分体感し、静かに打たれる雨はやっぱいいなぁと身体で感じた時間でした。

 

またいつか、遊びに来ていただけたら嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| オーダープラン(カヌー) | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0)
彼是20年

人生楽ありゃ苦もあるさ。

 

長く生きていると、そんな言葉がふと沁みる時がある。

楽しいことも苦しいことも、それが生きている証拠なのだということなのか。

 

人生は一度きり。

 

いつこの世からいなくなるかは誰にもわからない。

明日かもしれないし、まだずーっと先のことかもしれない。

だから今この時が大事なんだ。

 

彼との旅は、そろそろ人生の半分を共にする旅に近づこうとしている。

会えばお互いを罵倒しあい(笑)、「俺は客だぞ」と二言目にはいう。

そんなに頻繁に会うわけではないのだが、ワールドカップの周期よりは若干短い。

加速する老化の波をお互いに確認しあいながら、夜は更けていくのだ。

 

雨の中カヌーを漕ぎ、冷え切った体に極上の温泉タイム。

どこに行っても定休日という「ブラックチューズデー」を憂い、でもおかげで大雨に当たらずに済んだとポジティブになってみたりもする。

予定のキャンプは大荒れの天気に阻まれコテージ泊に。

だが、きっちり牡蠣リベンジは満足いくお味であったことは間違いない。

 

毎度毎度、何が起こるかわからない、それが旅なのだ。とオリンピックの周期より短いスパンでやってくるこの時間が、実は楽しみだったりする。いや、そうでもなかったりする(笑)。

 

この時は穏やかな水辺
 

かなり体が冷えてきた後半。
 

たらふく腹に収まった牡蠣。毎回初回のリアクションを繰り広げる我々。このくらいの写り具合が彼にはちょうどいい。
 

横殴りの夜に別れを告げ、無事に朝を迎えた一行。
 

前日の大雨のおかげでいい塩梅に増水した川。普段いけない場所にお邪魔してみる。
 

再び牡蠣。駅弁を水の上で食べるという試み。ありだな。
 

ここで電車が来ると持っている男なのだが、当然来るはずもない…。
 

無事、ゴール!また行こうや〜!!

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

| オーダープラン(カヌー) | 21:27 | comments(2) | trackbacks(0)
釧路川を旅する

釧路川を長く下ってみたい。

 

そんなお問い合わせをいただきました。

カヌーの経験はいろいろ有りな女性。

野田知祐さんが好きで、たくさんの本を読んでらっしゃる。

 

いつか下ってみたかった、あこがれの川。

最近野田さんのお名前を口にされる方も少なくなり、ちょっと寂しい気もします。

僕自身も野田さんの本はよく読みましたので、釧路川を下りながらカヌーの上で野田さんのお話ができるのは、やはりうれしいです。

 

1日目:屈斜路湖〜周大橋まで約20

2日目:標茶〜塘路湖まで約25

3日目:塘路湖〜岩保木水門まで約16

 

川旅のパートナーとしては素晴らしく良く漕いでくださったお二人。

楽しいお話、川旅を彩る野生達。

そしてharueさんの美味しいアウトドアランチとSOMOKUYAブレンド。

 

雨あり、風あり、低温あり、快晴あり。

釧路川を旅する。

 

あっという間の3日間でした。

また遊びに来てくださいね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0)
水と氷

よく来ていただくゲストと、11月初頭の屈斜路湖を楽しんだ。

まずはカヌーで。

「日の出が見たい」とのリクエストをいただき、早朝カヌー。

葉がすっかり落ちた初冬の水辺。

雲間から、この日唯一の太陽がバッチリ。

すばらしい。

 

続いて初めてのレイクカヌー。

昨日は屈斜路湖が海のように大波が打ち寄せていたのに、

今日は無風。

和琴半島を一周できた。

天然の岩盤浴で、お尻ポカポカ。

もう少しで根が生えそうでした(笑)

 

お昼は川湯温泉駅前「ぱなぱな」さんの美味しいパンを買って、

藻琴山へ。

積雪10cm。

山はすっかり冬景色でした。

ダケカンバの樹氷も立派で、思わずパチリ。

雪の重みでできたハイマツのトンネルで、harueさんが作ってくれたミネストローネと一緒にお昼ご飯。

デザートにはSOMOKUYAブレンドとゲストが買って持ってきてくれた森ホのプリン。

最高の山TIMEでした!

 

ありがとうございました〜。

また行きましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

| オーダープラン(カヌー) | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0)
釧路川ロングディスタンス

十数年の付き合いになるご夫婦が、ツアーにご参加くださいました。

昨年、8月下旬にお越しいただいたのですが、台風の影響で川下りは中止。

その時に、釧路川を3日間かけて下りたいんだけど…と相談されました。

多くの場合、奥さんが旦那さんの発言にストップをかけるのですが、

ここの奥様は、「それじゃあ早く日程決めて相談しないと!」とノリノリだったそうで、

まだ雪がいっぱいある時期からメールでやりとりを繰り返しまして、今日に至ったわけです。

 

ご主人の夢。

やりたかったことの一つが、実現しました。

釧路川を51辧

がんばって漕ぎました。

7月とは思えないほどの暑さの中、みな真っ黒に日焼けし、向かい風にも逆流にも負けじと漕ぎました。

3日目には目標にしていた旅の終着点、岩保木水門まで無事にたどり着いた時の表情は素晴らしかったです。

 

また、機会がありましたらこんな時間をご一緒させていただけると嬉しいです。

 

凪の屈斜路湖で、カヌーと身体を合わせます。

 

今日はプライベートビーチ。

 

 

ジャッキーとゆかいな仲間たち。

 

 

瀬を越えて喜ぶゲスト。

 

 

2日目。曇天だが風なく心地よい。

 

 

川原でランチタイム。

 

 

アレキナイ川を漕ぎあがり!がんばった!

 

 

3日目。塘路湖スタート。

 

 

最後に釧路川の洗礼、向かい風!

 

 

いっぱい漕いだら栄養補給。ビッグドッグ。

 

 

ステキな光景でした。

 

 

到着!

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

 

 

| オーダープラン(カヌー) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
釧路川3DAY’S

3日間のオーダーツアーをご希望いただいた。

源流から湿原まで。

雨の日も追い風の日も向かい風の日も。

僕たちはひたすらパドルを動かし、川原でご飯を食べ、珈琲を飲んだ。

そして自然の話、カヌーの話、お互いの身の上話など楽しんだ。

鹿がいて、オジロワシがいて、魚がいて。

豊かな釧路川を、豊かな時間を共有した。

またそんな日が、来ることを楽しみにしています。

 

では、行ってきます。
 

雨の源流、鏡の間

 

クロスドロー

 

2日目、中流。

 

追い風に助けられ、スイーと余裕の川下り?

 

3日目、湿原。はれ。向かい風。

 

豊かな時間。

 

これもまたいい時間。

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

| オーダープラン(カヌー) | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
ファンキーな2日間

2日間、コーディネートさせていただきました。

源流と湿原。

同じ釧路川ですが、全く異なる雰囲気のエリアを2日間かけて下りました。

普段は少人数でこじんまりとなSOMOKUYAですが、たくさんの仲間ガイドの協力を得て、大所帯のツアーでした。

 

1日目は源流。

北風9m。

プランを変更して・・・。

ランチはここで・・・。

思わぬ出来事も発生・・・。

釧路川をどっぷり体験していただきました。

 

2日目は湿原。

うって変わってドピーカンの広大な空の下を、悠々と行く。

プラン通りに、思い描いた川を行く。

 

2日間、気心知れた仲間たちとの川下りに、我々ガイドも混ぜていただき、

いろいろな話をしながらそれぞれのカヌーの上の時間が流れる。

 

「また行きたいとの声も、多いですよ」と後にいただいたメールに書かれていました。

ガイド冥利に尽きる一言。

いろいろなことがあったファンキーな2日間でしたが、またお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

 

| オーダープラン(カヌー) | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0)
天と地の間を

源流と湿原を2日間かけて下りました。

天気は雨。

一般的には「あいにくの・・・」となるのですが、それは人によります。

雨、それは自然の恵み。

この状況をどう捉えられるか。

それはその人次第・・・。

 

さて、前置きが長くなりましたが、それはそれは素晴らしい2日間でした。

また、お待ちしております。

 

源流スタート。

 

川霧が立ち込めて、幻想的でした。

 

アレキナイ川の鉄橋にタッチ。

1.5m位増水しているでしょうか。

 

おかげで目線が高く、いい景色に出会えました。

昨日の雨は、今日のためにあった!

 

ノロッコ列車と接続。あっちもこっちも嬉しそう。

 

タンチョウい。い写真が撮れました。

 

溢れんばかりの湿原。

 

 

なにか?

 

王者の貫禄
【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| オーダープラン(カヌー) | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)
愉快爽快!
釧路川3day's!
新緑の源流域、湿原域を愉快なメンバーとともに爽快に下りました。
楽しい時間はあっという間〜。
またみなさんで遊びに来てくださいね。

【そもくや】http://www.somokuya.com
| オーダープラン(カヌー) | 21:49 | comments(2) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom