野郎二人旅 2018秋の陣

毎年来てくださる「野郎一人旅」。

いつも僕がご案内させていただくので、ツアー中は「野郎二人旅」ということになる。

 

9月7日にご予約いただいていたのだが、震災の影響で来道することができず…。

今回リベンジとばかりに遊びに来てくださった。

 

快晴。

 

野郎二人旅には雨や風、多少の困難がある方が似合うような気もするのだが…、

極上の釧路湿原を1日かけて下った。

 

ひたすら蛇行し、どこまでも青く広く清らかな空の下を行く。

漕ぐ手を止めると何も聞こえない静寂の水の上。

ただただ心地よい時間を漕ぐ。

 

太陽が西の空に傾き始めるころ、ゴールの岩保木水門が現れた。

湿原が金色に染まるのはもう少し後。

僕らが帰ったころに、ナウシカが歩くのだろうか…。

 

「またそのうち…」、レンタカーは颯爽と走り去った。

 

 

 

 

 

 

野郎の背中、5連発(笑)
震災の影響を心配して急遽遊びに来てくれたのであろう。
お心遣いに感謝いたします。
【そもくや】
| 湿原コース(カヌー) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0)
鏡の間の水の中

久しぶりに、水の中を覗き込みたくなった。

防水カメラを入れて、シャッターを押す。

いつもの水中が映っていた。

 

 

うーん、美しい透明度。

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

 

 

| 源流コース(カヌー) | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)
紅葉の源流

秋晴れの一日。

降り注ぐ太陽の光が樹間から届く、源流の色。

木々の色どりを愛でながら、先輩ガイドさんのツアーをサポートさせていただきました。

人を笑顔にさせる、いい仕事だなと思いました。

勉強になります。

ありがとうございました。

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| 源流コース(カヌー) | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0)
時間とともに

日の出から日没までカヌーな一日。

Peacefulな釧路湿原。

水の上から見る景色と感じる秋の空気。

耳をすませば雄鹿のラッティングコール、目をつむれば強調される水の音。

あー、いい時間だなぁとゲストもガイドもつぶやくのです。

 

 

 

 

 

【SOMOKUYA】http://www.somokuya.com

| 湿原コース(カヌー) | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
最高の誕生日♪

ご年配の方々のツアーでした。

朝早くからテンション最高潮で、常に笑い声とゆかいな話が尽きないツアーでした。

天候にも恵まれれ気温1℃。

水面からは湯気が発生し、この時期ならではの美しい風景に一同感嘆の時間でした。

お一人、今日がお誕生日という方がいらっしゃって、ささやかですがロウソクを灯してみんなでhappybirthdaytoyou!

「一生忘れられない最高の誕生日よ!」と喜んでいただけました。

 

 

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 源流コース(カヌー) | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0)
ゲストとガイド

ガイドという仕事は、お客様あっての仕事。

お客様にとって、いいガイドだったのかどうだったか…。

その時の僕たちには、知る由はない。

でも、また来てくれた時、僕たちは少なからず手ごたえを感じる。

喜んでいただけていたのだと。

 

今日のゲストは、ちょうど一年前に不快な思いをさせてしまったお二人。

僕たちの力不足で、せっかくの時間を台無しにしてしまった…。

本当に申し訳なかったと思う。

しかし、こうしてまたリベンジとばかりに遊びに来てくださったこと。

本当にありがたいと思う。

色々な思いを胸に、僕たちの成長はゲストのみなさんにさせていただいているのだと、改めて実感したのであった。

今日という日を忘れないように・・・。

 

 

| 源流コース(カヌー) | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0)
心に残る旅

先日、こんなメールをいただきました。

「心に残る旅」だったとのこと。

僕がカナディアンカヌーにこだわって、釧路川源流をご案内している意味を感じてくださって、言葉にしていただきました。

なんだか本当にうれしくて、許可をいただいて掲載させていただきます。

 

 

そもくや 土田様

 

9月〇〇日(〇曜日)お世話になりました。

○○と申します。

 

とても楽しいカヌー体験をさせていただきました。

何にも漕ぎませんでしたが…、綺麗で静かな釧路川の源流をカヌーで下る感覚はなんとも言えず、耳がシーンとしている事、

魚が跳ねたり、小鳥が楽しく囀っていたり、何かがこちらを観察している様な感じなど、そこで淡々と営まれている自然の中に静かに音を立てずにこっそりとお邪魔させてもらっているカヌーの滑らかな動きは、くすぐったいくらい楽しかったです。

 

いいお仕事をされているなぁと思いました。

 

(あのきのこを味わってみたかった…。)

 

相方は土田さんと色々とお話しできたこともとても良い思い出になったと言っていました、冬の釧網線の話しを伺ってとても感動してました。

日頃キリキリとした世界にいるのでとても解放された時間になったと思います。

土田さんに、ありがとうございましたと伝えてくださいと申しております。

 

大変ありがとうございました。

また今度は違う時間のカヌー旅を味わいに伺います。

 

ではでは

良い秋の日を。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

みなさんの心に残る旅のお手伝いができますよう、これからも学んでいきたいと思います。

【そもくや】http://www.somokuya.com
| 源流コース(カヌー) | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0)
秋晴れ!1DAYツアー

台風前の秋晴れな一日。

 

今日のゲストは4年前にご参加いただいたご夫婦の、奥様の妹さんファミリー。

「姉の旦那に動画を見せられて、すっごく良かったって教えてもらって…」という口コミのゲストでした。

ありがとうございますm(__)m。

 

無風の和琴半島を漕ぎだし、オヤコツ地獄へ。

湖底から今なお噴き出るガスの泡が見えます。

風があると見えないこの現象。

クラゲが上がってくるようで面白いのです。

 

半島の先端を回って戻ろうとしたら、入り江にカヌーの人が。

近づいてみると知り合いの農家さんで、なぜか朝採れキャベツとブロッコリーを和琴半島で頂くという面白い状況になりました。

ありがとうございます。

 

無事に一周し湖畔でランチ。

9月の良き日に目の前の湖には誰もいないという状況がとても贅沢だねと、いいランチタイムとなりました。

 

午後は川下り。

穏やかな日差しを浴びて、あっという間の1日。

とてもハイテンションな息子さんの呪文のような「生麦生米ナナカマド」と「おすぎとピーコ」がずっと頭から離れない私なのでした(笑)

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

 

 

| 屈斜路湖&釧路川源流1DAY | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0)
エソラ

絵のような空。

ここに足りないピースを埋めるかのように、一艇のカヌーが浮かぶ。

これで完成。

 

 

 

【somokuya】http://www.somokuya.com

| 源流コース(カヌー) | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0)
特別な場所

お会いするのは2回目のゲスト。

前回は川下りだったので、今回は湖へ。

青空が顔を出してくれて、気分も上がります。

クッシー伝説も興味津々に聞いていただき、僕も久しぶりに体験談をお話しさせていただきました(笑)

 

オヤコツ地獄に上陸し、卵をゆでて珈琲タイム。

目の前の大パノラマと岩盤浴のように暖かい岸辺。

お尻に根が生えそうです。

こういう自然の中にいると、心が素直になりますね。

色々なお話を聞かせていただいて、とってもうう時間でした。

 

「屈斜路湖はどうやら特別な場所のよう」とおっしゃって下さったのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

【そもくや】http://www.somokuya.com

 

| レイクコース(カヌー) | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0)
最近のお知らせ
カテゴリー
過去のお知らせ
RECENT COMMENT
RSS
http://news.somokuya.com/?mode=rss
ATOM
http://news.somokuya.com/?mode=atom